それはとてもいい事

本来、寿司屋とはカウンターで寿司を握るお店でした。それが寿司屋だというのは、ずっと前からある当たり前な事でした。

しかし、最近は寿司屋というと回転寿司をイメージしてしまいます。

回転寿司ができたおかげで、小さい子供の時から寿司に触れる文化ができました。それはとてもいい事です。

福岡 風俗

おばあちゃんから子供まで一緒にご飯を食べるお店は、家族の新しい団らん場所といえます。

しかし、なにか大切なものを忘れてしまいそうで怖いのは私だけでしょうか?

大切なものとは、日本の寿司文化です。和食が世界無形文化遺産に登録されて、寿司が世界で評価されました。

しかし評価されたのは回転寿司ではなく、古来からある江戸前寿司だと思います。

もし外国人が回転寿司を無形文化遺産だと勘違いしたらどうなるんでしょうか?

本当の日本料理を勘違いされてしまいます。さらに怖いのは、外国人に寿司を教える時、古来からの寿司を知らない子が寿司を説明した時です。

日本人が日本の文化を知らないのは恥です。世界中、どこの国の人も自分達の文化ぐらい知っています。

回転寿司を否定するわけではありません。しかし、回転寿司がブームにある中で、本来の寿司をどこかで教えなくてはいけない気がしてなりません。